"様々な状況で塩竃市の不動産売却を希望する質問者への回答をまとめました。

塩竈市の不動産売却で得た資金を充当したい

不動産売却でも売却して得たお金を他の資金に使う場合は、スケジュールに絶対的な締め切りが生まれます。

塩竈市であっても簡単には売却できないのが不動産ですから、1日も早く専門業者に依頼することをおすすめします。

■できるだけ早く、地元の不動産会社に依頼。

不動産売却の計画を立てる出発点は、不動産売却で得た資金を「いつ現金化して手元に残したいか」という日付から逆算して決めることになります。

当該する物件が市街地ではなく最寄り駅からも遠い場合などは、売却に時間がかかりますから早めに立ち上げましょう。

よほどの人気物件でない限り、1か月もあれば不動産売却ができるなどと安易に考えるべきではありません。

塩竈市の市街地であったり最寄駅から近い物件であっても、最低2ヵ月‐3ヵ月はかかると踏んでおくべきです。

何よりも1日も早く、地元の不動産会社に電話をして、物件の下見をお願いすることです。

■最低3社に同じ条件でアイミツを依頼発注。

下見に来た会社は、物件の査定を行い「これくらいの価格なら不動産売却に応じられる」といったことを提示してきます。

そのときに販売スケジュールなども聞いておきましょう。

この時点で契約はしないことです。

契約には「一般媒介契約」と「専任媒介契約」の2種類があります。

専任契約を結んでしまうと、他社にアイミツを依頼することができなくなるので要注意です。

最低3社に同じ条件で依頼をかけて、3つの見積書が揃ったところで1社を選び契約に踏み切ります。

ただしこの場合の1社も一般媒介契約として、他の2社にも販売をお願いできるようにしておきます。

塩竈市でもどこの物件であっても、これは不動産取引の常識です。

■契約は一般契約で行うことが重要。

スケジュールや段取りはステップがありますが、基本は不動産会社に依頼することで整理がつきます。

専任ではなく一般媒介で契約するのがキモです。

1社と専任契約を結んではいけないというのは、会社が得意とするエリア、物件が把握できないからです。

担当の営業マンが、実はやる気がなくて放置されることも良くあります。

そんなときは無為に時間だけが過ぎ、不動産売却が間に合わなくなる危険もあります。

よほどのことがない限り、契約は一般契約でいきましょう。